www.springfieldaccess.net

外国為替証拠金取引をやる面白みはたった一つの投資の商品であるはずが投資期間を短い・普通・長いの3種類の期間からどれをチョイスするのかで資本の投下の手法が大きく違うことにあると言われます。外貨に対して投入する「長い時間をかけるスタンス」を考えてみよう。長期スタンスというものは、一年以上の投資期間が基本とされているのです。為替レートで一年以上先々の相場が円高であるか、それとも円安だろうかを連想することはたいていの場合困難でしょう。正直なところ、「そこまで後の動向は考えられない」と考えるのが実際のところだと思います。予測もできないものを一生懸命に予言しようとしたところで無謀な行為です。そのことから他国の貨幣を買った場合、そのレートよりも円が高めになっていてもその分はいつか返ってくるだろうというイメージで売買に取り組むのが良いと思います。利益を無理に大きくするばかりでなく、別の方法での収益要するにスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を上げるのを第一のゴールとして出資してみましょう。当然ですがちょっとの間で為替変動の影響で損失がたくさん膨らむこともあります。よってこういう場合のような為替差損が膨らんでも影響のないよう、レバレッジをなるべく少なめで設定するのはポイントです。外国為替証拠金取引(FX)は、損が決まった金額よりも大きく大きくなってしまうと追加保証金を払わなければならなくなったり、ストップロス(ロスカット)がかけられたりします。ストップロス(ロスカット)を置いたら早くやり取りをフィニッシュせざるを得なくなり長期トレードは厳しくなります。この手の危険から逃れるにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にして売り買いするのが良いでしょう。次に中期スタンスを狙った取引を見てみましょう。中期スタンスにおいては1?2ヶ月くらい経った頃を予想してのやり取りであります。為替売買においては、1ヶ月後のことはある程度、先読みしやすいなケースが多いでしょう。G7のような国際ミーティングの議題や為替市場で売買している人たちがどんなところに注目しているのかを確認すれば、ほとんどの場合、推測できるのです。上記のように経済の状況を見ながらなおグラフを確認することによって為替のレベルを把握できるようになり売買を決めるべきです。基本的に経済の状況とテクニックのどっちも良い感じでありもしくは買い傾向が一致していればほとんどのケースではその方向に行くと思って良いです。その時は持ち金を増やせばより一層大きな儲けをもらえるのはほぼ間違いないでしょう。最後に短期スタンスの狙いどころです。ここでの短期のスタンスが示しているのはいわゆるデイトレーディングのことを指しています。為替でデイトレードを行う場合は経済の状態は絡まないと言い切れます。というのは翌日の為替相場の変化に、経済情勢は影響ないからです。ここで、最大のミソは大規模なイベントがある場合そのために為替の相場が変動する時を見落とさないようトレードしましょう。例として、アメリカで雇用統計が公布される、または金融政策などにより制作金利が変動するというようなイベント。こうした瞬間的な変動を捉えるといったわけで、短期のトレードは多種の要素が必要となる。

コンテンツメニュー