www.springfieldaccess.net

新聞の折込広告、スポーツ新聞紙、街中に配布された宣伝チラシやDMで「債務の片付けします」「債務を一括化しませんか」という内容の売り言葉を読むことがありますよね。それらは、「整頓人」「買取専門屋」「紹介人」と呼ばれる悪徳企業の広告の場合があるということです。使った場合では自己破産フローの中で免責認定を受け取れないパターンがあります。「整頓屋」の場合広告などで多重負債者を引き寄せ、相当なサービス料を取り借金整理を行いますが実際のところ借金整頓は行われないで、債務者はさらに債務地獄に陥るときがほぼ全部になります。「買取業」は、債務人の分割払いで家電、新幹線の券を購入させて債務者からそういった品を定価の2割ー40%で受け取るという手段のようです。借金者は瞬間的には金銭が増えますが、いつかカード会社経由の買ったものの完全な催促が届くことになり、結局のところ債務額を悪化させることになります。この場合はカード業者相手の詐欺であるということで免責許諾をもらえません。「紹介者」というのは有名な金融業者から拒絶されるようになった借金人に、業者としては貸出は全然せずに、融資をしてもらえる別の店を呼び出し、費用をもらう悪徳業者です。紹介者は自分の手引きで資金提供してもらったかのように報告しますが現実には何もしていなくて、調査の緩やかなサービスを教えているだけというやり口です。この場合だと本当は負債額をアップさせる結末となります。

コンテンツメニュー