www.springfieldaccess.net

今回は為替取引というものの基本理由に関してのお話です。為替を簡潔に説明すると「人の手で金の送らないでもお金のやり取りの意図を果たす取引」を言います。普通為替取引はあらかた国際為替の事を指す場合が多いのです。外国の為替を簡潔にいうとお互いの国のマネーの交換のことを指します。海外旅行(タイ、アメリカなど)をしたことがあるならば、必ずといっていいほど外国の為替の体験をしたことがあります。銀行の窓口で外国の貨幣と両替をしたのであればそれが国際の為替にあたります。為替レートを簡潔にいうと買いたいと思う人と売り手の値段を指すものです。銀行と銀行の間での取引の結果決まってくるものです。そこはマーケットメイカーと言う世界中にある複数の銀行です。為替の相場は種々の働きかけを受けながら休まずに時間ごとに変わって行きます。為替を動かして行く要素になるのは、ファンダメンタルズというものが考えられます。ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済の基本とか様々な条件のことを言うものです。各国の経済の拡大や景気の状況、物価の水準、貿易収支、無就業者数、有力者の一言など複数の要素が関わって為替レートは変化するのです。この中でも国際収支統計と失業率は影響が大きいです。国際収支統計とは何かと言うと、日本では財務省からの用命で日本銀行が外国貿易統計を利用してまとめた海外との一定期間の経済上のやり取りを書き留めたものですです。統計は中央省庁や日本銀行のホームページなどで見ることができます。労働者の統計・無臭業者数も影響を与えることが多い要素であります。ことにアメリカの労働者の統計はポイントとなります。月ごとに提示されリサーチするターゲットが広いことが大事なところです。為替の変動は経済活動の変動そのものです。各国の経済の変化を知ることで為替のレートの状況予想ができるようになると言えるでしょう。

コンテンツメニュー