www.springfieldaccess.net

外国為替証拠金取引(FX)に関しての面白さは、単一の投資の商品であるはずが、資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3種類の中からどの期間を選択するのかということで資金を費やす仕方がまったく異なってくることにあると言います。まずは外貨投資する「長い期間の投資」について見てみましょう。長期のスタンスは一年以上の長期の出資を原則としています。だいたい為替相場においては一年も経った後の為替レートが円高と予想するか、あるいは円安になっているかを連想するなんてことは一般的に無理です。ほとんどのケースでは「そんなに後々の動向は予知できない」と思うのが一般的かと思います。見当もつかないものを懸命に予想しようにも無謀なものなのです。したがって外貨を買った場合、その時点での買いレートよりも円が高くなったとしても、近いうちに戻ってくるはずだという程度の感覚で売買に向き合うものです。為替差益をアグレッシブに追いかけるだけでなく、他からの儲け、つまりはスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で稼ぐことを、まず一つの目的ということにして投資してみましょう。当然短期間で為替変動の為の損失がすごく膨らんでしまうこともあります。したがって、このような損失にさほど影響を受けないよう、レバレッジを最小限でやり取りするのは大事です。FXは損が一定範囲を超えて拡大すると追加保証金が出て来たり、もしくはストップロス(ロスカット)になってしまったりします。損切りがかかったらすぐにやり取りを終わりにしなければならず、長期トレードがストップしてしまいます。この例のような危険を避けるには、レバレッジ2?3倍にしてトレードするのが良いと思います。次に中期投資の場合のトレードを説明します。中期投資のケースは、1?2ヶ月位後を想定してのトレードを行います。為替トレードの場合、1ヶ月ほど先のことはだいたい、推測しやすいな場合が多いでしょう。G7などのような国同士のミーティングの議題や為替の市場で取引している人たちが何をテーマに興味を持っているかを見ればだいたい推測できるでしょう。この経済の基礎的条件を見つつチャートを参照することで為替のレートの動向を理解する事ができ売買を見定める方がいいと思います。基本的に、ファンダメンタルズとテクニックのどっちも光り、あるいは買いが一致していればほとんどの場合判断した通りに動いていくと思って問題ありません。そのような時は持ち高を増やすとより大きな利益を狙っていけるはずです。第三に短期のスタンスの重要点です。ここでいう短期のトレードが指しているのは、いわゆるデイトレードを意味しています。為替市場でデイトレードを行う際ファンダメンタルズはまるっきり絡まないと断定していいです。なぜならあくる日の相場の動きに、経済の状況は影響しないからです。ここで最大のコツは目立った催しがある時それにより相場が目立って変化する時を見過ごさないようトレードしましょう。例として、アメリカにおいて雇用者の統計が公開される、あるいは金融政策などによって制作金利が動くほどの催し。このように一瞬の変わり目を見逃さないとの理由で、短期トレードは専門的なものが必要になる。

コンテンツメニュー